薄毛に良いサプリとは?

 

薄毛の原因はなに?

 

男性が薄毛になるには、いくつかの原因があります。代表的な理由を3つ見ていくことにしましょう。

 

1つ目は、男性ホルモンが原因となる薄毛です。厳密にいうと、男性ホルモンそのものが薄毛の原因となることはありません。毛乳頭に存在する5αリダクターゼと呼ばれる酵素と、男性ホルモンであるテストステロンが結合し、ジヒドロテストステロンに変換されることで薄毛が発生するのです。

 

2つ目は、ストレスが原因となる薄毛です。ストレスが溜まると、自律神経が不安定な状況となります。すると、血管が収縮して血行が滞るようになり、髪の毛へ十分な酸素や栄養素が届かなくなるのです。すると、徐々に抜け毛が目立ち初めて、薄毛となっていきます。

 

3つ目は、栄養不足が原因となる薄毛です。人間の体は、生命を維持するために重要となる働きをする臓器に、優先して栄養素を届ける仕組みとなっています。髪の毛は、生命を維持するために必ずしも必要ではありませんので、栄養が行き渡るのは一番最後となります。

 

そのため、栄養が偏っていたり、栄養バランスが乱れていると、髪の毛へ十分な量の栄養素が行き渡らなくなり、薄毛となるのです。

 

今回ご紹介した以外にも、遺伝や睡眠不足、誤った洗髪方法が原因で薄毛になることもあるでしょう。一般的には、1つの原因で薄毛になっているのではなく、複数の原因が重なって薄毛になっていることがほどんどです。まずは、自らの薄毛の原因を特定し、適切な対処方法を導入するようにしましょう。

 

すぐに始められる薄毛対策

 

もしも薄毛が気になり始めたら、薄毛対策を始めましょう。代表的な対策方法を、以下でご紹介していくことにします。

 

食生活の改善

 

髪の毛の主成分は、たんぱく質です。このたんぱく質はシスチンと呼ばれており、アミノ酸が合成されることによって作られています。

 

では、このシスチンはどのように作られているかというと、メチオニンなどのアミノ酸が結合することによって作られているのです。そのため、メチオニンが多く含まれている、大豆製品や芋類を摂取しましょう。他にも、緑黄色野菜、鉄分、カルシウムもバランス良く摂取することをお勧めします。

 

運動を取り入れる

 

運動不足となると、体全体の機能が著しく低下します。その結果、新陳代謝が滞り血行不良となるのです。髪の毛に十分な栄養や酸素を送り込むためには、血行を改善し代謝をアップしなければなりません。そのため、1日20分程度はウォーキングするようにしましょう。

 

頭皮マッサージを行う

 

直接頭皮に刺激を与えることで、血行を促進させることができます。血行が促進されると、血液の中に含まれている栄養素が毛根から吸収されやすくなるのです。その結果、髪の毛全体に栄養が行き亘りますので、薄毛の解消につながります。

 

睡眠時間を確保する

 

日中、紫外線、埃、湿度、気温の差などの影響で、髪の毛は相当なダメージを受けています。このようなダメージは、本来睡眠時間中に回復されるものですが、睡眠時間が不足していると、ダメージが回復しないまま翌日を迎えてしまうのです。そのため、睡眠時間をしっかりと確保することが重要だといえます。

 

すぐに摂り始めたい薄毛に効く栄養成分

 

薄毛を解消するために、食生活を改善した方が良い話は、広く知られています。具体的に、どのような栄養素を摂取すればよいのでしょうか。詳しく見ていくことにしましょう。

 

1つ目は、ノコギリヤシです。男性型脱毛症に効果があると言われています。なぜなら、医薬品であるプロペシアと同じような作用が確認されているからです。具体的には、薄毛の原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑えて、抜け毛を防止する効果があるといわれています。

 

2つ目は、亜鉛です。髪の毛の主成分は、ケラチンを主成分としたたんぱく質です。体内でケラチンを合成する際、亜鉛が使われるのですが、亜鉛が不足すると抜け毛の原因となります。そのため、積極的に亜鉛を摂取することが推奨されているのです。

 

3つ目は、コラーゲンです。コラーゲンには、髪の毛を太くする作用があると言われています。また、頭皮にコラーゲンが行き渡ることによって、頭皮の弾力性が増して髪の毛が生えやすくなるのです。

 

4つ目は、ビタミンB群です。ビタミンB群には、毛母細胞を活発化させる働きがあります。また、過剰に分泌されている皮脂を抑制してくれますので、皮脂で毛穴が詰まりやすい男性は、積極的にビタミンB群を摂取しましょう。

 

5つ目は、ビタミンEです。ビタミンEには、毛細血管を拡張させる働きがあります。そのため、髪の毛を育毛したり太くするために必要となる栄養素を、毛乳頭へしっかりと届けることができるようになるでしょう。

 

薄毛対策にサプリを活用すべき!効果的な飲み方など

 

薄毛を解消するためには、様々な方法があります。代表的な例としては、育毛剤の使用、サプリメントの使用、外科手術などとなるでしょう。

 

その他の方法でも解消することはできますが、薄毛の原因の多くは体質が関係しています。そのため、育毛剤を使用したり、外科手術を行っても、いずれ薄毛が再発してしまうことがほどんどです。

 

根本から薄毛を解消するためには、サプリを有効活用していきましょう。ただし、漠然とサプリを飲んでいれば良いわけではありません。効果的な飲み方を導入する必要があります。今回は3つの飲み方をご紹介していきます。

 

1つ目は、食後に飲むようにすることです。食後は、栄養素が吸収されやすい状態となっています。空腹時だと、摂取したサプリの栄養素が十分吸収されません。そのため、必ず食後にサプリを飲むようにしましょう。

 

2つ目は、時間帯を決めて飲むようにすることです。1日の中で時間を決めずに飲んでしまうと、サプリから摂取した栄養素が体内で安定しません。その結果、効果が表れにくくなります。特に時間帯は決まっていませんが、目安量に合わせながら朝食後や夕食後に摂取するようにしましょう。

 

3つ目は、水かぬるま湯で飲むことです。ジュースやお茶の中には、あらゆる栄養素が含まれています。サプリと一緒に摂取してしまうと、サプリの栄養分の吸収を阻害する恐れがあるのです。これでは、せっかくサプリを飲んでいても効果が半減してしまいます。そのため、必ず水かぬるま湯で飲むようにしましょう。

 

薄毛を進行させてしまう生活習慣に注意!

 

自分ではしっかりと薄毛対策をしているつもりでも、なかなか効果が表れないのであれば、生活習慣の改善が必要かもしれません。薄毛を進行させてしまう生活習慣とは、どのような内容なのでしょうか。今回は3つ取り上げながら、詳しくみていくことにしましょう。

 

まず1つ目は、睡眠時間が不足しがちなことです。髪の毛は、寝ている間に成長します。一説によると、夜の12時から翌3時は、一番髪の毛が成長しやすい時間帯といわれています。

 

この時間帯に夜更かしをして起きていたり、睡眠時間が不足していると薄毛が進行してしまうのです。早めに就寝して、睡眠時間を確保することから始めましょう。

 

2つ目は、長時間同じ姿勢で過ごすことが多い場合です。仕事柄、デスクワークがほとんどであるときは、代謝が低下したり血行が滞りがちとなります。その結果、頭皮にまで十分な血液が行き渡らず、薄毛を進行させることがあるのです。こまめに休息を入れながら、できるだけ長時間同じ姿勢で過ごさないいよう心掛けることが重要となります。

 

3つ目は、誤った洗髪方法で髪を洗っていることです。髪の毛や頭皮に付着した汚れは、お湯だけで7割程度落ちるといわれています。

 

シャンプーを使うことで、残りの3割の汚れを取り除いていくわけですが、このときに毛穴に詰まった汚れを落とそうとして、力を入れて洗髪する人がいます。

 

力を加えると、髪の毛がダメージを受けますので、薄毛が進行することがあるのです。お湯で汚れはほぼ落ちていますので、力を入れる必要はありません。頭皮を揉んだり、軽く掴んだりしながら洗髪するようにし、髪の毛へのダメージを軽減しましょう。

更新履歴